ETCカードって作った方がいいの?

ETCカードっている?いらない?
あなたはどのように思いますか?
さっそくETCカードのメリットについて考えてみましょう。


まずETCカードの最大のメリットというのは、やはり高速道路においての料金所での無線による通過でしょう。
わざわざ立ち止まる必要が無いので、非常に便利だと言えます。
この、無線による通過ですが、確かに便利ではありますが、別にそこまでいらないかもしれません。
というのも、いまではETCカードを実装する車も増えたので、別に手渡しのレーンでもそんなに混んでいないからです。



最大のメリットはやはりETC割引か

ETCカードを作る最大のメリットと考えてもいいかもしれないのが、このETC割引です。
ETC割引は深夜や早朝など時間帯による割引と、マイレージが貯まる割引があります。


ただしマイレージのほうは、ETCマイレージ登録を事前に済ませないといけませんのでご注意下さい。
ETC割引も、多いと50%オフなどがありますので、見逃せない割引ですね。



ETCカードのデメリット




ETCカードを作る際のデメリットといえば当然、クレジットカードを作らないといけないということでしょうか?
ただ、クレジットカードを作らずにETCカードのみ発行できるETCカードもあります。
それは、トップページにて紹介しておりますので参考にして下さい。


また、ETCカードは、単体では無線レーンは通過できません。
かならず車載器を通す必要があります。


ETC車載器の値段としては、だいたい1万円〜でさらに取り付け費用は5000円〜ぐらいでしょうか。



ETCカードはかならず必要?




こんな感じでETCカードのメリット・デメリットをざっと紹介しました。
とりわけ必ず必要ということも無いのですが、頻繁に高速道路を利用するならば持っておいても損はないという感じです。
ETCカードの作り方については当サイトのトップページにてご紹介しております。




ダイナースクラブカード