ETCカードの作り方はだいたいこんな感じ

ETCカードを作るときってまずみなさんなにを思い浮かべますか?
一番多いのが、クレジットカードを作りその付帯(おまけ)としてETCカードをつくるということですね。
これが一般的な作り方になります。

もし、あなたがクレジットカードをすでに持っているならば、一度クレジットカード会社にお問い合わせをしてみましょう。
問題がなけれがETCカードだけを後から送ってくれるはずです。
もし、あなたがクレジットカードを持っていなかったら、クレジットカードを作り、その際にETCカードが欲しいことを伝えましょう。
以下の記事も参考にして下さい。
クレジットカードの選び方
クレジットカードを作らずにETCカードを作る方法

クレジットカードの選び方

クレジットカードの作り方ですが、一番の目的はETCカードを手に入れることです。
ですので、ETCカードが付帯しているクレジットカードを選ぶことになります。

この時ですが、クレジットカードとETCカードが一体になっているタイプとそうでないタイプとがあります。
クレジットカードと一体になっているタイプのメリットは、一緒になっているので、手間にならないということがあげられますが
ただし、紛失や盗難にあったときに、クレジットカードも一緒になくなるということが挙げられます。

反対に一体になっていないタイプだと、そういった安全面のリスクを下げることができます。

また、ETCカードが最大の目的なのですから、クレジットカードの機能面ではこだわる必要が無いと思います。

例えば、ポイントがたまるであるとか、年率とかそういうのは、クレジットカードを利用する際なので不要ということです。
ただしできれば、クレジットカードの年会費出逢ったり、ETCカードの発行手数料が少ないほうが望ましいでしょうね。

クレジットカードを作らずにETCカードを作る方法

ETCカードの作り方として、一般的にはクレジットカードを作りその付帯としてETCカードがついてくるものだと説明しました。

ただし、ETCカードが欲しいだけなのであって、クレジットカードはいらないという方も多いはずです。
ここでは、クレジットカードを作らずにETCカードのみを作る方法を紹介します。

2種類の方法があるのですが、
その1,ETCパーソナルカードを作成する。
このETCパーソナルカードというのは、高速道路東日本・高速道路西日本・高速道路中日本が発行するETCカードになります。

こちらのメリットその名の通りクレジットカードを作らずにETCカードを作れるところにあります。
ですが、デメリットは、保証金に4万円〜6万円もあずけないといけないということです。

また、使い回しは認められておらず、車体につきETCカードが割り当てられているようです。
詳細はNEXCO西日本のホームページをこちらをご覧ください

その2,高速情報協同組合が発行するETCカードを作る
この高速情報協同組合というのは、わかりやすくいえばETCカードの代理発行のようなものです。
クレジットカードの審査を介さずに独自の審査なので、クレジットカードが審査に通らずに作れなかった人でも、審査が通る可能性はあります。

メリットとしては、クレジットカードを作らずにETCカードのみを作ることができます。
また、複数枚発行できるというのも、従業員を扱う業者にとってはメリットになるでしょう。

デメリットについてですが、保証金として1万円をあずけないといけません。
また高速道路利用料金の5%を手数料として支払うことが必要です。
また、個人事業主もしくは法人でしか取り扱っていません。
詳細はETCカードのみをご覧ください。

ダイナースクラブカード